バストアップを目指したい人必見のサイトをみつけました

こんにちは、ノリコです。

女性なら悩むことの多い、バストサイズ。

私もできればサイズアップをしたいなって思うんですが、色んなことを試してみるもどれもそこまで効果がありません。

そこで、一番効果的なものを調べていたんですが、あるサイトを見つけました。それが、ズキログというサイトです。

このサイトには日常生活に役に立つ情報が満載で、美容などの悩み系も比較的多く掲載されています。

中にはペット系なんかの記事もありました。

その色んなページの中にバストアップ系の記事もいくつかって、覗いてみたらかなりの情報量でしたね。

バストアップクリームの記事があり、ナイトブラの記事もありました。

バストアップを目指すにはリンパの流れを良くする為にリンパマッサージをして、その上で背肉とかわきのぜい肉をバストに寄せてナイトブラで固定すればゆっくりと定着していくよ!みたいなことが書いてありました。

バストが垂れてしまったり、形が崩れてしまうのはクーパー靭帯が激しい運動とかで切れたり伸びたりしてしまう事で起こるんだそうです。

そして、一度傷ついたクーパー靭帯は二度と再生しないんだそうです。

そうなると支えるものがなくなってしまって、型崩れ、垂れ乳、離れ乳などが起こり、結果バストがしぼんでサイズダウンしてしまうみたいです。

解決させるには、これ以上クーパー靭帯を傷つけないようにしながらしっかりと固定してあげればいいみたいですね。

バストアップクリームでマッサージしながらナイトブラでキープをしてあげればいいだけなので簡単にできて、続けやすそうですね!

おなじような悩みを持っている方がいるなら是非サイトを覗いてみてください。

会社以外で仕事をする人の必須品、Wi-Fiについて調べてみた

こんにちは、ノリコです。

最近、フリーランスやノマドワーク、テレワークのように、会社に出勤しなくてもどこでも仕事ができるようなものが増えてきました。

その関係で需要が高いのが「Wi-Fi」ですよね。

記事を書いたり絵を描いたり、プログラミングをするのにもネット環境は欠かせないので、皆さん自宅にはネットができる環境が整っていると思います。

しかし、自宅にネット環境を敷いていても、カフェで仕事をしたりする人もたくさんいます。

そんな人たちが持っているのがWi-Fiですけど、さて、どこのWi-Fiを使うのが一番良いのかなって最近思い始めました。

そもそもポケットWi-FiとモバイルWi-Fiって何が違うんだろうって思って、そこから調べ始めました。

ポケットWi-FiとモバイルWi-Fiの違いは、正直ないようです。言い方が違うくらいみたいです。

ただ、モバイルWi-Fiは携帯できるWi-Fiという意味でその名前が付いているようです。

一方、ポケットWi-Fiは、ワイモバイルなどが商標登録している名称なんだそうです。

つまりは、言い方が違うだけでそれ以外の違いはほとんどないので気にする必要がないみたいです。

では、次にどこのWi-Fiを持つのがお得なのかですが、Wi-Fiには2種類あります。

LTEとWiMAXです。

LTEはSoftbank、ドコモなどの携帯会社関係やワイモバイルなどの使用している回線のWi-Fiです。

WiMAXはUQWiMAXやBroadWiMAXなどが使用している回線です。

WiMAXの特徴は、速度制限がない事。

いくら使っても速度制限で通信が遅くなることはありません。ただし、3日で10GB以上使うと速度制限ありになってしまうようです。

3日で10GBを使うのはほとんどの場合はない事なので、実質速度制限なしと思っても良いでしょうね。

対してLTEの特徴は、回線が比較的強いという事。

LTE回線が入らない所はほとんどなく、電波の強度もそこそこあるので使い勝手が良いです。

ただし、ほとんどの契約店舗では7GBまでのプランしかありません。7GB以上使うと速度制限がかかってしまい、遅くなります。

使い放題ではない所がネックです。

値段的にもWiMAXは基本料金くらいで済んだりしますけど、LTEは基本料金プラス保証云々でお金がかかります。

また、基本料金も違いがあるので、一長一短ですかね。

通販を上手に活用して、生活を豊かに

こんにちは、ノリコです。

Amazonなどの通販サイトを使う人は結構いますよね。

中には生活に必要なものは全てネット通販で買うって人もいます。

ただ、食べ物に関してはやはりスーパーやコンビニで買わないとその日に調理して食べられないので、そういうのは未だにネット通販の需要は多くはありません。

しかし、今はお取り寄せ通販とかっていうものも増えてきているので、全くないわけではないですね。

お取り寄せ通販のメリットは、やはり重い荷物を自宅まで簡単に届けてくれることではないでしょうかね。

実店舗で買い物をすると、荷物が重くて持って帰るのが大変ですもんね。

また、お店が閉まっているような時間でも簡単に商品を購入する事ができて、場所を選ばないので仕事場からでも電車内でも買い物ができます。

店舗では見ないような珍しい食べ物を買うことができるのもメリットですし、選ぶのもとても簡単です。むしろネット限定で売っているものもあるのでそういう時には便利だと感じますね。

例えば、我が家は全員カニが好きで結構食べる事があるのですが、スーパーとかで買うと時間が経ってしまっている為鮮度は落ちます。

でも、通販で買うと、鮮度の良いものを損なわないようにしながら届けてくれるので、新鮮なものを食べる事ができます。

なので、お取り寄せをして買っています。

カニを通販で買うのは他にもメリットがあります。

まず価格の面です。

実店舗で買うと、人件費や販売経費などがかかってくるのでどうしても高くなりがちです。

しかし、通販で買うとそういった経費かからないので安く買うことができます。

さらに、実店舗では買うことができないようなカニも買う事ができるので色んな中から選べるのもメリットです。

上手に使う事で通販は強い味方になってくれますね!

便利な家計簿アプリ

こんにちは、ノリコです。

毎日買ったものを家計簿につけてどれくらい無駄遣いをしているのかを確認しているのですが、手書きはさすがに疲れてしまいますよね。

そこで、家計簿を楽にしてくれるアプリがあるので紹介しますね。

まずは、マネーフォワードというアプリから紹介します。

このアプリのすごい所は、家計簿の管理だけではなく、自分の銀行口座やカード情報などのアカウントサービスを一括で管理する事ができる事です。ネットバンクにアクセスできるようにしておけば口座の残高を表示させたりすることもできるので管理がしやすいんです。

もちろん家計簿としての機能も充実しているので家計簿アプリというよりは「家計管理アプリ」といえるかもしれませんね。

次に紹介するのは、貯まる家計簿というアプリです。

これは、1ヶ月のカレンダー表示機能があるので、日ごとの支払いが一発で見る事ができます。さらに詳細が見たい日付をタップすれば確認する事ができるので自分がいつ頃支払い金額が増えるのかがわかりやすいです。

複数同じ費目があっても合算されずに個別で集計されていくのでとてもわかりやすいです。さらにグラフで表示させる事もできて、エクスポートもできるので、何に対しての支払いが特に多いのかがわかりやすいです。

ただ、少し残念なのは、カメラ機能があってレシートを写真に残すことはできるのですが、あくまでも写真に撮るだけなので、あとで手入力をしないといけないという事でしょうかね。

次に紹介するのはZaimというアプリです。

このアプリはレシート認識機能があるので写真に写すだけで簡単にアプリ内でデータ化してくれます。わざわざ書く必要がないのが嬉しい所です。

また、ios版だと音声認識機能があるので、話しかけるだけで操作ができるのも嬉しい機能です。ただ、レシートの読み込みはそこまで性能が良くなくて日付なんかは正確に読み取ってくれない事があります。

ここが改善されればいいアプリです。

最後に紹介するのはRece Reco(レシレコ)というアプリです。

Zaimとの大きな違いはレシート読み込み機能がとても優秀な事。

ほぼ書き直しなしで正確に読み込んでくれます。かすれたりブレたりしていて数字が見づらいレシートでもほぼ正確に読み込んでくれるので、金額さえ合っていれば問題ないって人には手入力なしで使える良いアプリだと思います。

マネーフォワードとかとのデータ連動も可能です。

もちろん手入力もできるのでレシートが出ない自販機とかで買った商品の金額も入力できちゃいます。

便利に使って簡単にお金の管理をしましょう!

暮らしを便利にしたい

こんにちは、ノリコです。

最近は自分から動かなくてもボタン一つで勝手に掃除をしてくれる掃除ロボットとか、音声で家の中の色んな事をやってくれるスマートスピーカーとかありますよね。

あれって、とても便利だと思うんです。

手が離せない時とかに話しかけるだけでその行動をしてくれるのはちょっと楽しそうです。

ただ、あれも一応条件があるようです。

まず、スマートスピーカーに対応したものではないと使う事ができないようです。

さらに自宅にWi-Fiが通っている事も当たり前ですが、必要です。

スマートスピーカーで有名なのは、Google homeとAmazon echoですかね。

使い方はそこまで変わらないのですが、Amazonには「Amazon Music Unlimited」という独自のストリーミングサービスがあり、音楽を楽しむことができるって言う事です。

対してGoogle homeはニュースを読み上げてくれたり、同じ会社のテレビ向けアダプターを使うと「Chromecast」と連動して動画をすぐに楽しむことができたりします。

この二つ以外にも種類はあって、LINEが出している「LINE Clova WAVE」やAppleが出している「Apple HomePod」なんかもあります。

Apple HomePodは今は日本では発売されてないみたいですが、siriに対応しているみたいですね。

LINE Clova WAVEの大きな特徴は天気予報を知る事ができたり、LINEを送る事ができるので、それだけでも結構便利だと言えますね。

さらに、他のスマートスピーカーにない特徴は赤外線機能があるという事です。赤外線リモコンやテレビに対応しているので、赤外線で機能しているものなら操作をする事ができるという事です。

自分の家の環境に合わせて選んでいきたいですね。